美容は健康と大きな繋がりがある〜肌も長生きを求める〜

ニキビの後遺症

レディ

ニキビ跡の治療方法

ニキビ跡とは肌表面が色素沈着を起こして、クレーターになってしまう症状のことです。肌の奥の皮膚も炎症をおこして傷になっている状態なので、色に対する治療とクレーターに対する治療を専門とした美容皮膚科での治療が有効です。 患者さんの年齢などによりますが、できたニキビ跡は基本的なケアでかなり改善することができます。 ニキビの活動期は繰り返し現れるので、出来やすい時期には外科的治療はしないのがおすすめです。 症状が軽い場合は、ケミカルで肌の毛穴を綺麗にして、プラセンタで肌の再生を促します。 レーザーでニキビ跡を削っても次のニキビが出来てしまうので、 ニキビ跡が出来て半年以内であれば、ケミカルで肌のつまりをまず治して、 中で化膿して膿んでいるニキビをプラセンタ乳液で皮膚の再生を促します。 10代の方や初期のニキビ跡の場合はこれだけで消えます。

最新の機器で悩みを解消

ただし二十歳を過ぎて30代くらいで、完全にニキビ跡が出来上がってしまった場合、 化膿していない場合はブラインダーで削ったり、フォトフェイシャル治療がお勧めです。 クレーターになってしまったり、顔全体の赤みや深いニキビ跡には、医療レーザーを使います。 レーザーはヘモグロビンに吸収される仕組みがあるので、表皮の赤みの部分だけ集中して狙って治療することが出来ます。 現在はコンピュータによる医療レーザーが開発され、制御されたレーザーは肌の組織に広く選択的に照射されます。表皮にむけて角質を蒸散させるので毛穴の開きやクレータ跡などを改善して柔らかい皮膚の再生を促します。 麻酔併用で痛みが少なく、短いダウンタイムで治療部位だけ直すことができます。 ニキビ跡の治療にはこれが最も有効で安心できる方法です。

オススメ記事

安全なヒアルロン酸

女の人

ヒアルロン酸は、昔から医療現場で使われてきたアレルギーのない物質です。美容外科でも多く使われ、注入することで肌のハリを取り戻す大きな効果を引き起こしてくれます。ヒアルロン酸注射には、様々な効果があるのです。

ニキビ跡の改善

ウーマン

一般的にニキビの治療は、皮膚科などで治療が行なえます。しかし、ニキビ跡やクレーターなど簡単に改善することは出来ません。これらは、整形外科で改善することが出来ます。

美容整形で足痩せ

カウンセリング

部分的にさせることは、難しいと言われています。その中でも、足のダイエットは食事制限などでは、出来ないのです。その為、運動を摂り入れながら筋肉を付ける必要があります。

ニキビの後遺症

レディ

ニキビ治療は市販されているケア商品などで、日頃のお手入れを心掛けることが大切です。自分でつぶしてしまったり、できて時間がたったニキビ跡は、症状を悪化させないように美容皮膚科で治療することがいいと思います。

Copyright© 2017 美容は健康と大きな繋がりがある〜肌も長生きを求める〜 All Rights Reserved.